初めての方へ

ケタ違いの成長を望む中小企業の社長を募集します


「強み」 が全くないとは言いたくない。 だからと言って 「これだ」 と言える ものもはっきり しない。
そこそこやれていると自負はあるし、それなりの実績はある。 しかし、 自分が思うほどの状`態ではなく、 満足にはぼど遠い。 漠然と した伸ぴしろに歯がゆさを感じる。 可能性もポテンシャルも充分にあるが、 ただもう一つ何かが足りない。
次なる一歩ヘの 「飛躍のきつかけ」 が欲しい。
当社に集まった社員の能力を引き出し、思う存分発揮させる仕組みが欲しい。

私たちが提供する価値

私たちが提供するのは 「ケタ違いの成長軌道」 です。
めざすのは、一時的なものでなく、持続性と耐久性のある成長であって、今より少し成長する程度のものではなく、これまでとは別次元、まるで別の会社、周囲の予想を覆すような成長です。

初速は遅くても、力を蓄えるように僅かな歩みを止めず、いつからか加速し気が付いたら飛躍的な成長を遂げている。
成長した地点から、そこに至るまでの期間を振り返ると「こんなに短期間でいつの間にここまで」という実感です。t

今までの5年、10年を糧にして、別次元の5年、10年へ

社長は今まで様々な経営努力をされてきたと思います。 中期経営計画の策定、働き方改革に向けての生産性向上への取り組み、ISOなどのマネジメン トシステムの導入、社員の意識改革と組織の活性化策などです。
それぞれ一応の成果が得られたのではないでしようか。 ただ社長が期待した程ではなく、もう一歩の不足感、変わり切らないもどかしさを感じられたのではないでしようか。
もしかしたら、新しいことが苦手な管理職や 「やらされ感」がぬぐえない社員から「それでなくても忙しいのに- ‘ ・」と反発を受け、本来の取り組みよりも社内の説得の方に時間と労力を費やしたのではないでしようか。
どこの会社も内側からしか壊せない壁があり` 外側から変わったように見えても内側は変わっていないという場合は多いのです。 だから成長が一時的で持続性がないのです。
私たちが提供するコンサルティ ングプムグラムは、今までの社長の努力を決して無駄にはしません。 むしろケタ違いの成長軌道の糧にします。
そして今までの5年10年とは別次元、まるで別の会社、 社長の想像を超えた5年、10年を実現しうる成長軌道を提供します。

但し、手間と過酷さを伴う取り組みになります

私たちが提供するコンサルティングプログラムは手間がかかり、大変面倒です。
多くの難問・難題を投げかけられ、考え尽くせ、考え抜けと迫られます。社長を含めた上限5名の経営チームで仕組みの構築に取り組んでいただくのですが、負担感もあり新しいことに懐疑的な方からは反発が出ることもあります。
こんなことに何の意味があるのかと疑問・疑念が湧くこともあり、その上、即効性は期待できないので申し込んだことを後悔するかも知れません。
ですから、本気で会社をもっと良くしたい、成長・拡大したい。何より社員にもっと給料を払ってあげたい、色々な経験をさせ成長させたい、社員が胸を張って自慢できる会社にしたい・・・。
強い覚悟と妥協したくない野望・願望・夢を持った中小企業の社長のための限定プログラムなのです。

私たちが社長と共に目指すのは、潰れない程度の成長、社員に世間並みの給料が払えれば良いというものではありません。ケタ違いの成長軌道ですから簡単であるはずもなく、狙うのは即効性より持続する競争優位です。

考え尽くし考え抜き、迷いも言い訳もできない、あるべき姿への成長軌道の仕組みを構築していきます。仕組みは経営と人事と財務に関わり、仕組み同士が連動し、決して止まらない様に緻密に噛み合わせ「言行一致」を確保します。過酷な取り組みですが、達成感と希望ある過酷さです。

そして、それを乗り越えた先に見えてくるのは桁違いの成長であり、社長がどんな苦労をしてでも到達したかった山頂です。

やや厳しめな話をしましたが、安心してください。
導入した社長やチームのメンバーは口々に、思ったより一年が早かった。最後に色々なことが繋がって、腑に落ちたし、仕組み全体を俯瞰すると確かに目標を手繰り寄せるイメージが湧くとおっしゃっています。

コンサルティングプログラムを導入した企業の9割が構築完了していますし、さらに8割が成長軌道に乗りつつあり、導入後5年以上経過した企業の全てがケタ違いの成長を達成し、今も尚成長軌道は持続しています。