メインコンテンツにスキップ

自主管理経営が自走すると、他の取り組みにもその習慣が波及する!

アサヒロジスティクス株式会社
アサヒロジスティクス株式会社

物流業

アサヒロジスティクス株式会社

代表取締役 横塚 元樹

創業:昭和20年
拠点:33拠点
事業内容:物流業、スーパーマーケット、コンビニエンスストアー、レストラン、居酒屋などのお店への供給業務
保有台数:1,100台
従業員数:4,000名(2017年3月末現在)
自主管理の取り組み歴:15年

「自主管理経営」の最初の一歩は、土を耕すことと同じ

最初の一歩は、土を耕すことと同じなのだと思います。カチカチの土地をぶったたかないといけないわけです。それを耕してやわらかくしてからやっと種が蒔ける。固いところに種を蒔いても何も生まれないのです。その最初の段階、良い土壌をいかに作るかというところに時間がかかると思います。当社では、自主管理経営が理想的な状態になるまでに5年かかりました。少しずつの変化・進化を続け、深く、太く根っこを降ろしていくような取り組みです。しかしその間も、導入当時20 拠点だったのが、現在では38 拠点までに成長しています。自主管理経営は全体で何段階かにわかれていると思いますが、おそらく第三段階目とか第四段階目が「自走する段階」だとすれば、第一段階はちょっと強制して、第二段階は手をちょっと放してとかあるのでしょう。羽鳥さんは段階を分け組み立てる事が、得意な方です。

自主管理報告書の状況から、各拠点の問題点の仮説を立てて検証していくこと、数値から読み取って問題提起をすることができます。でも、毎月こんなに読んでさらにコメントするのは大変です。正直心が折れそうになったことも何度もあります。10 回書いて1 回戻ってくれば良いと思うし、その積み重ねだと思っています。

それをもう10 年以上続けています。自主管理経営は現場との文通みたいなもの。これをやり続ける、これは必要なことだな、と自分に言い聞かせきました。

お陰様で、いまは自主管理経営の運営は社員にすべて任せています。本社のメンバー数人が事務局となり自主的に運用してくれています。だから正直すごいなと思いますよね。「なんでそんな風になったの?」って言われることがありますが、こちらが聞きたいくらいです。社員の自主性はこれにとどまらず、物流以外の分野にも進出しています。これからの会社の発展が楽しみです。

「自主管理経営」小冊子プレゼント(無料)

小冊子プレゼントお申し込みはこちら

"会社経営の頭打ちを打破する「自主管理経営」の秘密 経営者必読書!"

社員が自ら進んで業績拡大、目標達成に向けて全力を出していく

「自主管理経営」の秘密が分かる小冊子をプレゼントいたします。

トップへ戻る