• TEL : 03-5244-5997
  • 〒101-0047
    東京都千代田区内神田1-17-3
    塚田ビル2F

自主管理経営開発物語

私たちがご提供し、ご支援している「自主管理経営」と言う、経営の仕組みは、私たちが独自に考案したものではありますが、実際のところ、体系化されるまでには多くの経営者の方々にご協力いただきました。

支援先企業の経営者との共同開発のようなもので、試行錯誤の過程の中から生まれた知恵をつなぎ合わせて仕組みにしてきたというのが正直な所です。

以前の私たちのコンサルティングの中心は、経営戦略の再構築、中期経営計画の策定及び経営計画促進会議の進行支援、いわゆる「PDCA支援」でしたが、なかなか思った通りには行かないケースもありました。

  • 立てた戦略・計画がまずかった、的外れだった、競合より劣っていたと言うのではなくそれ以前の段階、
  • 「やれませんでした、やりませんでした」と言う不実行の大きな壁に阻まれていました。

ここからの文章は私の心の声も含まれています。…………………………

経営計画への取り組みは仕事ではない、中経は絵に描いた餅

経営計画進捗会議での管理職の発言は「仕事が忙しくできませんでした、時間がありませんでした」が多く、私が「これも仕事でしょう、時間は作るものでしよう」と言うと「だったら大口の商談を逃してもいいんですか、責任とってくれるんですか」と屁理屈で返されてしまう。

計画策定段階ではあれほど前向きで明るく雄弁に取り組んでくれていた人たちが実行段階では言い訳ばかりで自責の念はみじんもない。

会議室とは、別人のような生き生きとした姿、これって何…

ある時、支援先から「ゴルフコンペ」の参加のお誘いを受けた。私はゴルフはやった事がなかったので、これをきっかけにやってみようと思い参加することにした。

 ゴルフ当日AM4時に起き、外を見たら雨が降っていた。11月の下旬だったので冷たい雨。これでは当然中止だろうと思い、一応誘ってくれた■■部長に電話をした。「今日はゴルフ中止ですよね」と言ったら、「何言っているんですか、やりますよ。ゴルフは雷と雪以外はやるんです」と言われ、そうなのかと気を取り直して、真っ暗の雨の中車で走ること約1時間半、埼玉県の山の中の難コースに到着。

スタート場所にはレインウエアを着た20数名の黒い影、3分の2はこの会社の取引先の経営者、残りが社内の管理職。全員での平均年齢は恐らく50代、決して若いとは言えない。気温は低くかなり寒い。少し霧かがったコースに向かってドライバーがしなる。キーンとスライスして林に消える。フェアウェイキープも簡単ではない。グリーンでは水しぶきをあげながらゴルフボールが転がる。靴の中は靴下までびっしょりと濡れている。それでも皆さん夢中になっている、楽しそうだ、一打一打に傾ける情熱と気迫は凄すぎる。遊びやスポーツの域を超えている。

この日のためにどれくらいの時間とお金を掛けてきたのだろう。数枚は用意している片方だけの手袋はどれも黒く汚れている。

何より、進捗会議で言い訳ばかりしている■■部長のドライバーの飛距離と正確さは何だ。それにひきかえ私は悲惨すぎる。皆さんとは異なる道筋の「山岳民族」。孤独さとプレー遅延責任の重圧で精神的にもくたくた。もう二度とやるものかと心に誓う(今も続けていますが・・・)

終わった後のお風呂の中で「なんでこんなに過酷で時間もお金もかかるのに皆さん、ゴルフするのですか」と聞いた。答えは単純明快「好きだからでしょ」だった。

好きなことには、無限のパワーが出せる

人は恐らく誰でも「好きなこと」には無条件でやる気の調節弁を全開にする。大変な時間もお金もかけて、大した見返りは求めない。

  • マラソンが好きな人は「42.195キロ」を完走するために、月に200キロ以上を何か月も前から走る。(昔から運動好きだったわけではないのに)
  • 小説が好きな人は一年間で300冊の本を読む。図書館、本屋、ブックオフでの時間も楽しむ。(昔は勉強嫌いで教科書も大して読まなかった人なのに)
  • 家庭菜園が好きな人は農家顔負けの見事な野菜を都会の真ん中で収穫する。(本来気短で、気長な取り組みや手間をかけての人育てが苦手な人なのに)

この人たちの研究心・探求心、集中力、持久力は何なんなのか、一体、どこから出てくるのか。

  • 頑固で人の話を一切聞かない、ある製造業の専務が魚釣りの情報にはニコニコしながら会話に加わる。「いい話ありがとう」とお礼の一言に驚かされる。(この素直さと別人のような可愛げな笑顔は何なのか。)
  • 自分はアナログ人間だからと会社でパソコンに触れようとせず、なんでも女子社員をあてにする社長が自宅でエクセルを使って「フェアウェイキープ率とか、パーオン率」とかを分析してくる。(あれほど嫌がっていたパソコンをいつ買ったのか、どうやって表計算マスターしたのか。)

好きなことと同じくらい仕事を好きになる

  • その人は、そのことが始めから好きだったのか…
  • その人がそのことを好きになったのはある日突然か…
  • 好きなことは楽しいことばかりで、頑張ったら頑張った分だけ報われるのか…

そんなことはあり得ない。なのになぜ、大会やコンペ当日の何百倍も、地味で過酷な過程(練習)さえも楽しめるのか。いつから、どうやって、何がきっかけで、誰の影響で………尽きない疑問が押し寄せる。

そして、ひとつの答えにたどり着く。

  • 人が好きになることには、好きになる要素がある。
  • 人が好きなことを好きになるまでには、共通するプロセスと条件がある。
  • 人が何かを好きになる時は必ず影響を受ける誰かとの出会いがある
  • 人が好きなことがより好きになるには競争相手、その時間を分かち合える仲間の存在が大きい。

こういった要素は「仕事」の中にもあるし、上達のプロセスにも大差はない。

働き方改革と言うことで、どうすれば早く帰れるか、どうやって生産性を向上させるかという取り組みが注目されているが、「やらされ感」を内在したままでの取り組みは、社員にとっての「仕事」の価値を低めてしまうことになりかねない。

仕事時間を短くして、好きな事、自分の人生をもっと充実させることに費やすことがワークライフバランスなのか。

子供や両親の世話のための時間をもっと確保しようと言うことには賛成だが、仕事が面白くて、楽しくて仕方ない人たちにとっては「仕事時間」が好きな時間であり、充実した時間だし、仕事時間が充実しているから余暇時間も楽しめる。

仕事が面白い、楽しくて仕方ない人たちにとっては、仕事は探求・挑戦・創意工夫の対象だから、常により短い時間で成果を出そうとするし、余分な時間を掛けたりはしない。あっと言う間にすぎる時間を惜しむように仕事して、笑顔で一日を終える。これは特別な人ではなく、そういう風に考えることがなかっただけ、そういう風に仕事をさせてもらえていないだけではないか。

どこか急がされ、常に結果だけを求められ、崖っぷちに立たされているような「やらされ感」の中で仕事をしている。外発的なインセンティブばかりが押し付けられる。好きな仕事も嫌になる。そう言う会社も嫌になる。誰だってそうだと思う。

もっと「人」を素直に考え、どうしたら仕事が面白くなるか、楽しくなるか、好きになるか。趣味やスポーツ、遊びと同じに夢中なれるか。

韓非子を知りつつ論語で行こう。そんな発想・思いから「自主管理経営」が生まれ、導入企業の実績・成果を裏付けとしながら、今も更なるノウハウを蓄積しています。